氷見和牛とは

富山県氷見市といえば、氷見ブリがメジャーですが肉牛も有名です。

業界の中では氷見牛の名は通っており、近畿ブロックの品評会では上位に位置するほどの極上の黒毛和牛なのです。

「氷見牛」といわれるようになったのは、平成7年。それまでは富山県産牛としての取り扱いでしたが、自分たちの育てた牛に自信を持っていた生産農家さんたちが、もっと氷見の牛を全国に知ってもらいたいと、「氷見牛」として売り出すことにしたのが始まり。生産農家の様々な努力と肥育技術のレベルアップにより、今では最高級の黒毛和牛として全国的にも有名になりました。

「氷見牛」は、いわゆるさしの入り具合をいう脂肪交雑脂肪の質が良いのが特長で、肉質等級の判定基準でも、上位等級(A4ランク以上)が全体平均で8割5分を超える質の高さを誇っています。