「JFS-B規格」適合証明取得

食品衛生法改正により、6月1日から食品等事業者が「HACCPに沿った衛生管理」を導入することになります。

HACCPとは、食品を製造する全ての工程の中で、安全な製品をつくるために特に重要な工程を管理する衛生管理方法。

グランマルシェタケダ株式会社は、日本発の国際レベルの食品安全管理規格「JFS-B規格」適合証明を取得しています。

安全・安心な食品をお届けするよう、管理を厳格化いたしますので、今後もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です